軟骨成分がカギ

高齢の人から若者まで、幅広い年代の人を苦しめる病として、ヘルニアが挙げられます。ヘルニアは、椎間板と呼ばれる部位の変形によって髄核がはみ出してしまい、腰の神経が髄核によって圧迫されることによって起こる病です。直接神経を圧迫されるため、このヘルニアでは強烈な激痛がもたらされるものであり、発症するとまともな日常生活を送ることが不可能となるほどなのです。ヘルニアは一度発症すると何度でも頻発して症状が現れるため、現行の治療法としてはコルセットなどで体勢を固定し、鎮痛剤を利用しながら自然治癒力によって治療を行なう方法や、レーザーを駆使した外科療法などが利用できます。しかし、近年ではこうした方法以外にも、ある特定の栄養素を摂取することで症状を劇的に改善できるという研究結果から、今までのような体に負担のある治療法に変わり誰でも気軽に行える食事療法が大きく着目されています。

椎間板ヘルニアなどに高い効果をもたらす成分として、挙げられるのがコンドロイチンとコラーゲンです。この2つの成分は椎間板ヘルニアの原因となる変形した椎間板に作用し、摂取し続けることで痛みを軽減させる効果があるのです。コンドロイチンやコラーゲンといった成分は軟骨などにも含まれ、高い弾力性と緩衝効果をもたらします。コンドロイチンやコラーゲンが椎間板に作用することで、椎間板の構造も柔らかくしてくれるため、椎間板ヘルニアによる影響を低減させられるのです。問題の栄養成分であるコンドロイチンやコラーゲンは、サプリメントなどによっても気軽に摂取することができます。ヘルニアに悩まされている人は、コンドロイチンやコラーゲンを含んだサプリメントを定期的に服用することで、背中の痛みを驚くほど改善させられるでしょう。