日常生活を整える

肝臓を健康に保つには

肝臓は、腹部の右上に位置する内臓で、機能も多く、特に内部環境の維持に非常に大きな役割を果たしています。 肝臓の主な機能としては、食物の代謝を助ける胆汁酸を生産し、胆管や胆嚢から十二指腸に胆汁として分泌します。 また、糖やタンパク質、脂質の代謝を行います。 それから、アンモニアを尿素に変換したりします。 このような重要な役割を果たす肝臓を健康に保つためには、日々の生活や食事等において気をつける必要があります。 肝臓に良い食べ物を積極的に摂取することも大切です。 注意しないでいると、肝脂肪や肝硬変、肝癌など、様々な病気に繋がってしまう事があります。 お酒をたくさん飲む人や、日々食べ過ぎで運動不足の人なども注意が必要です。 肝脂肪から肝硬変、癌へと進んでしまう場合もあります。

日々の食事で気をつける事

暴飲暴食を避け、適度な運動をし、規則正しい生活を送ることは、健康を保つための基本です。 肝臓に良い食べ物は、抗酸化作用がある食品が良いと言われています。 具体的には、りんごやキウイ、かぼちゃやほうれん草、ブロッコリーやナスなどがあります。 また、肝臓に良い食べ物として、しじみはタウリンという肝臓を守る成分が多く含まれています。 それから、アサリには利尿作用があるので、身体の浮腫みにも効果があります。 そして、天然の鮎にはカルシウムが多く含まれており、内臓部分にはビタミンDが多く含まれています。滋養強壮もあり、肝硬変に効くと言われています。 なまこは、滋養強壮効果に加え新陳代謝を促してくれるので、肝臓の働きを良くしてくれます。 このように、肝臓に良い食べ物は色々あるので、日々の食事に取り入れることで肝臓を健康に保つ効果があります。